~長年ともにいた家族との別れ方~

  1. HOME
  2. 人形供養

人形供養(にんぎょうくよう)とは

人形供養とは
○雛人形(ひな人形)
○五月人形
○その他の日本人形
○西洋人形
○ぬいぐるみ
などを手放される際に
いわゆる魂抜きのお経をあげて
適切に処分する方法です。
閉眼供養(へいげんくよう)
抜魂供養(ばっこんくよう)
などとも言います。

最近、お家の様々な物を処分する中で
お家に長年安置された
お人形等の処分の需要とともに
ご依頼が増えています。

立正寺では、お人形の供養から
ご希望があれば最終的な処分までを
多くの方からお受けしております。

人形供養はすべき?

人形とは、その形が人に似せられているように、
古くは「人を真似て、その人の厄災を代わりに引き受ける」存在です。
いわば、持ち主を護る存在。
同じ時間を過ごし、人生を見守ってくれた存在です。

そのため、人形自体は決して「忌まわしきもの」ということはありません。
ですが、だからこそ、最後まで愛を持ち、
手放すときは感謝の気持ちを伝えたいところです。

納得のいく方法で人形供養をすることは「心のけじめ」にもつながります。
本当にいま手放して良いのかも含めて、慎重に手放すことをおすすめします。

人形供養のお布施・その他情報

人形供養
(立ち会い供養なし)

供養御布施(費用):3000円(数によっては手数料1000~2000円かかる場合あり)
多くの方からご依頼をお受けするため、より多くの方から、比較的安価でお受けできるように行っている方式です。他の人形とともにお寺の都合の良い時期にお経をあげます。

人形供養
(立ち会い供養あり)

供養御布施(費用):6000円(数によっては手数料1000~2000円かかる場合あり)
目の前でお経をあげる形式での人形供養です。
供養の後、ご希望があれば、お人形をお持ち帰りいただいて、ご自身で処分していただくことも可能です。

形式
(持込み・郵送等)

お電話・メール・あるいは以下のLINE等でお問い合わせの上、日時をご予約いただき、お人形をお持ち込み下さい。ご遠方などで郵送(宅配便)のご希望があれば対応致します。

処分方法について

供養を終えた後、お人形の素材等により適切な方法で処分しております。
宮崎市では現在、宗教上の行事を行うために必要な廃棄物の焼却のみ、屋外での焼却禁止の例外になっています。立正寺では煙とダイオキシンが出ない方式での焼却を行いますが、お人形の状況によっては、焼却せず通常のごみと同様の処分をさせていただきます。ご了承下さい。

その他注意事項

あくまでお人形そのものをお引き受けします。
例えばガラスケース、その他ひな壇の骨組み、木箱などは、こちらでもごみとして出すものなので、ご家庭での処分をお願い致します。

問い合わせLINE