~すべての生き物は救われる~
大切なあの子に、
心からの「ありがとう」を。

  1. HOME
  2. ペット供養・生類供養

ペット供養・生類供養とは

ペット供養・生類供養とは、
ご家庭で家族同然に暮らしたペット
(犬・猫・鳥・昆虫・その他あらゆる動物)や
家畜などを、人と同様にお経をあげて、
これからも安らかに過ごせるように供養をする方法です。
生類供養(しょうるいくよう)または、
俗に「ペット供養」と言われます。
人で言うところの葬儀や年忌、年回忌法要です。
立正寺でも、犬、猫、鳥、ウサギ、カメ、ヘビなど
多くの動物とともに時間を過ごし、
人間と同様に、あるいは人間以上にペット、
動物を愛されている気持ちにも共感できます。
「ペット(pet)」という言葉の由来は諸説ありますが、
一説には「お気に入り・可愛がる」という由来で、
動詞となれば「撫でる(petting)」という意味、
大事なもの、特別な存在、抱きしめることだそうです。
かけがえのない時間を共に過ごした存在だからこそ、
丁重に弔う時間を持つことが大切です。

動物も仏教で救われる?

立正寺のお経でお唱えする、妙法蓮華経(法華経)では、
「山川草木悉皆成仏」といい、
「法華経を唱えれば草も木も、山も川も皆ことごとく成仏する」
という教えが説かれています。

これにより、すべての動物が仏となることができる。
つまり、生類(動物)供養の根拠となっています。

供養を希望される方の宗教宗派は問いません。
ですが立正寺では手厚く弔います。安心してお任せ下さい。
そして、動物の死後の安寧だけではなく、
その動物に祈りの心を向ける、あなたの心に「慈悲」が生じます。
動物にも感謝と慈悲の心を手向ける。
その心、想いこそが、あなたのこれからの人生を豊かなものにします。

ペット供養・生類供養のお布施・情報

供養のみ

供養お布施(費用):5,000円~
宗教宗派不問です。どなたでも供養が受けられます。

供養及び納骨

供養お布施(費用):応相談(30,000円~程度)
立正寺のペット納骨塔「日向の舎(ひなたのいえ)」に納骨できます。
※年間の管理費等はありませんが、一定の期間以降も個別の納骨を継続する場合は改めてご供養いただき、それ以外の場合は、所定の手続きを経て、合葬スペースにて埋葬することになります。詳しくはお問い合わせください。

供養までの流れ

お電話・メール・あるいは以下のLINE等でお問い合わせの上、日時をご予約いただき、お越しください。

生類供養大祭
(合同供養)

供養お布施(費用):3,000円~
3月の春分の日、午前10時・午後2時からのお彼岸の行事にて、合同にてどうぶつ供養もお受けしております。こちらの場合、予約不要です。

その他注意事項

当寺ではペットの火葬は行なえません。火葬を済ませた上で、お越しください。
※エコクリーンプラザみやざき様(0985-30-6511)等でペットの火葬をされています。
供養のみの場合でも、お骨や写真などがあれば、ご一緒にお越しいただいて大丈夫です。

問い合わせLINE